FC2ブログ

東武鉄道杯出場権の望みを繋ぐ2位

松戸リーグ最終戦、予選1位になるためには、常盤平SCは、小金原FCに勝つことが絶対条件。
更に7点差以上となるが、勝てば予選リーグ2位になるので、東武鉄道杯の出場権を得られる権利はまだ残る。
3位になった時点で権利は消滅。最低でも2位は死守したい。

試合前ミーティング、1位の条件を確認、7点差はさておき、絶対に勝利する必要。
前回のまつひだいSC戦では、圧力に圧倒されたが、
今回は、こっちは失うものは無い、あとは勝利を奪い取るだけ、始めの5分で全部出し切れ。

選手の目には、やってやるとの光があった。
試合が始まる。前半は、風上がいいなぁぁぁと思っていたけど、残念ながら風下。
先制して、一気に決めちゃいたかったが。。。

立ち上がりから小金原が押し気味に進む。
なんか受け身になってしまった。
ボールを丁寧に運んで、スルーパスを狙っているが、ことごとくその前に潰されて、攻撃にならない。。。
まずは単純に相手コートに蹴り込んで、そこから立て直しに行こうとしたが、
完全に小金原FCにペースを握られてしまった。。。

「この時間は耐える時間、マーク確認して、前線にボールを送りなさい。細かいパスは無し、とりあえず陣地を挽回しよう」
ところが、ことごとく中盤で潰され、前半7分サイドから小金原FCセンターリング、
フリーになった選手が、ダイレクトでシュート、GKハルが、指先に触るも、小金原FC先制点。。。


先制点に大喜びの小金原、行ける行ける!と相手ベンチも大騒ぎ。
まぁ大きい1点だけど、幸い早い時間での失点だから、逆によかったかな。
悪いところは分かっているし、修正しよう。前半10分クーリングタイムで、ベンチに帰ってくる。

また、受け身になってるよ。●○しなさい。指示はこれだけ、これをすれば勝てるから。
前半は、中々ペースを握れないが、相手ベンチは、アウトオブプレーで選手に時間をかけろ!ゆっくりやれ!とか言ってる。。。
まだ前半、30分もあるのに、逃げ切りか?!まぁ1失点しても同点だから、2点は取られないと思っているのかな?!
この相手指揮官の言葉で常盤平の勝てる確率がかなり上がったかな。

前半は、このまま0-1で終了。

ハーフタイム、ベンチでは、先ほどの指示の繰り返し。
●○しなさい。それだけ。さっきもBチームの試合で同じ指示したよ。
これ出来なければ、俺たちは勝てない。ただ●○、後半はこれだけやればいい。

後半が始まり、指示を守ろうとする選手達、前半と全く違うチームになった。
完全に常盤平ペース。あとは早い時間に1点取れれば。。。
後半8分コーナーキック。これなんか入りそうは感じ?!と思っていたら、常盤平のシュートがポストに。。。
跳ね返ったところを押し込んで、同点。

よしこれで、行ける。

後半のクーリングタイム。

前半と全然違うじゃん、これだよね。このまま続けろ。あと10分で1点取ってきなさい。
もう失点はしないから、1点取って、勝ってきなさい。

KAITOをFWで投入して、一気に決めにかかる。
その直後、常盤平の逆転シュート、決して綺麗ではないけど、泥臭く1点をもぎ取る。

さぁここから、相手も必死になってくるから、耐え時だな。ただやるべきことは変わらない。
大丈夫。選手たちは指示を守っている。

そしてそのままタイムアップ。

試合が終わって、悲しそうに帰ってくる選手達。
今年は、2位リーグの1位でも東武鉄道杯に出場できることを伝えると、
えっ!って顔でびっくりして、望みがあることに喜んでいました。

予選2位ではあったけど、東武鉄道杯の出場権の望みは繫げました。
次は9月2日の2位リーグでは、決して負けられないからね。
夏休み、この数か月の課題を修正していきましょう。

スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
カテゴリ
カウンター
プロフィール

テンten

Author:テンten
時には、5人の息子のパパとして、偉そうに立ち振る舞い。頭の上がらないママには、絶えずゴマすりをしてご機嫌をうかがっている。自己中心的なB型おやじ。

最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
603位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
サッカー
101位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR