FC2ブログ

予選1位になるための条件

市議長杯予選リーグ 
この大会は、東武鉄道杯の出場権をかけた大会。
予選リーグが、6つに分かれていて、リーグの1位、6チームが東武鉄道杯の出場権を得られる。
大会の優勝という事よりも、5年生のこの大会は、東武鉄道杯の出場権を得ることが重要になってくる。

常盤平SCの5年生は、予選リーグで、先週まつひだいSCに敗戦したが、
そのまつひだいSCは、小金原FCに0-2で敗戦していたので、
最終試合、常盤平SCvs小金原FC戦で、常盤平が勝てば、3チームが得失点差での順位決定となる。

まつひだいSCは、日程の関係で既に予選リーグを終了しており、得失点差 +26
常盤平は、+1 残り試合は、新松戸SC_B戦と小金原FC_A戦。
最終戦で常盤平SCが、小金原FCに勝つことを前提として、新松戸SC_B戦で、25点以上の得点が欲しかった。
小金原FCと新松戸SC_B戦の試合はまだ行われていないので、最終戦前に得失点差で2位以上を確定させなければ、
最終戦勝っても予選3位になってしまう。

試合前にミーティングで、今の常盤平SCの状況を確認、どうしたら予選1位になれるのか。
「これまで指導者してきたけど、10点、15点くらいの目標設定はしたことあったけど、
40分で30点なんて目標したこと無いね。。。 これは作業だ。試合中あと何点とか考えなくていい。次の1点を時間をかけずに得点することだけを考えなさい。」

目標を30点に設定して、試合に望んだが。。。

相手チームの好プレーにも阻まれ、19-0で試合終了。。。
25点にあと6点足りなかった。。。

小金原FC戦に7点差以上で勝てれば、まだ1位の可能性はあるが、かなり厳しい条件になったのは事実。
ただ、今大会予選リーグ6ブロック中、トリプレッタSCが、Aチーム、Bチームが1位通過しており、
※東武鉄道杯は、2チームエントリー不可
2位リーグの1位にも、東武鉄道杯の出場権が得られることになっていた。

選手には、伝えないでいたが、得失点差で小金原FCを上回っていたので、
予選2位で2位リーグに出場し、2位リーグ1位も視野に入れて戦うことも考えてた。

最終戦の小金原FCで勝利することが絶対条件だけど。。。
一方小金原FCは、引分けでも1位確定、負ければ3位。
常盤平SCは、7点差以上で勝利すれば1位、6点差以下で勝利すれば2位、引分け以下で3位の条件で、
最終戦を戦うことになった。

最終戦の話は、また次回
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
カテゴリ
カウンター
プロフィール

テンten

Author:テンten
時には、5人の息子のパパとして、偉そうに立ち振る舞い。頭の上がらないママには、絶えずゴマすりをしてご機嫌をうかがっている。自己中心的なB型おやじ。

最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
603位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
サッカー
101位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR