初タイトル奪取!

市長杯決勝戦
まつひだいSC戦 試合前ミーティング。
この試合のポイントは以前から選手と確認済み、
「4年生最後の公式戦、君たちと3年生の時出会って、2年間練習してきた。君たちは厳しい練習に耐えてきた。
県大会ではWingsとも0-0の戦いが出来たし、TORとも互角に戦えた。今までやってきたことに自信もって戦いなさい。
ダメなら監督の責任。でも俺は自信を持っている。その結果を見せられるのは君たち。君たちの力を全部出してきなさい。
そしてこの雰囲気を楽しんでおいで、さぁこの試合で最後、18人の気持ちを一つにして闘ってきなさい」

まつひだい戦キックオフ。
開始3分コーナーキックを奪われる。あら。。。
フワッと上がったボール、GK HARUも反応出来ず、何か分からないうちに失点。
あとから聞いたら、OWNゴールだったみたいです。

これまでならこれでズルズルいって負けちゃうパターンだったけど。今は違う。
OWNゴールした選手に仲間が笑いながら、「ナイスシュート」となんて声を掛けていたいたらしいです。

試合はまだ始まったばかり、今大会初めての失点だったけど、ダメージはない。
さぁここから、「フワッと試合に入っちゃったぞ、しっかり集中し直そう、大丈夫、大丈夫。これから、これから。」
選手達に声をかける。

試合再開、まつひだいSCはパス回しも上手いし、ドリブルの上手い。
1対1で負けないのはもちろんだが、どうボールを奪うか、前日の練習で確認をしてきた。。。
あっ 一番のポイントのKOUHEI、NAOAKI、前日体調不良でいなかった。。。
MAOをトップに入れて練習してたんだ。ヤバいYUGOのポジションもズレて相手の思うつぼになっている。
大きな声でポジションの修正。

その後、右のYUGOが切り込みセンターリング相手選手に当たってルーズボール、KOUHEIがゴールを狙うも上手くヒットせず、
弾んでいるボール、キーパーがキャッチに行くもなんだかよくわからないまま、ゴールに入っていった。
1-1同点。
喜ぶ選手達、「まだまだ、振出し戻っただけ、これからここからの5分しっかり集中、集中、HARU冷静に!」

その数分後右サイドから、スーと左サイドのNAOAKIにボールが繋がる。何度か練習でこの光景を見たことがある。
NAOAKIがそのままダイレクトで左足を振り抜く。
ボールは一直線にゴールへ吸い込まれて、常盤平逆転に成功!!
選手もスタンドも大喜び!

これで大丈夫、取りあえず前半はこのまま帰って来い、ポジションの修正するから。
前半終了間際、常盤平のピンチ、まつひだいのシュートをHARUがセーブするも、ボールはゴールに向かっている。
KOUSEIが、必死にカバーしボールをかき出し、なんとかピンチを脱した。

2-1前半終了。

ハーフタイム、前日練習したことを再確認、
「KOUHEI、NAOAKI ゴメン、2人昨日練習いなかったな。。。」
「よく逆転したね、あと20分、集中しよう、次の1点が勝負だね。このままでは終わらない、厳しい時間が続くと思うよ。
でも今までの練習の方が厳しかった、辛かった、でも君たちは耐えてきた、それに比べたらたいしたことじゃない。仲間の為に自分の力全てを出してきなさい。自分を信じろ、仲間を信じろ、あと20分楽しんでしっかり闘ってきなさい。さぁ行くぞ!」

「ハイ!!」
気持ちも入った返事が返ってきた。
行ける。あと20分、みんな頑張れ。

後半は一進一退の攻防、後半10分前線でKOUHEIがボールを奪い、キーパーと1対1に、ゴールを狙うもポスト脇をかすめてゴールならず。。。
外れたボールを見て、KOUSEI、RYOMAが悔しがって倒れ込む。
「なに倒れ込んでんの?ナイスシュートだよ大丈夫続けよう、続けよう。」
苦しいんだよね、2点差にして早く楽になりたいんだよね。分かるよその気持ち。
でもそんなに簡単に優勝させてくれない。あと10分。みんな頑張れ!

流石に2試合目後半、選手の足が止まりはじめる。KOUHEIのスピードも落ちてきた。
AKITOの足も止まっている。YUGOをDFに下げるか、でもYUGOの足も重い。遅れてタックル行ってのファウルも怖い。
DF陣はいじらず前線に元気なMAOを入れて、体制を立て直そう。MAO交代のカードを切る。

残り時間5分。
【早く時間経てよ!!!】
AKITO、KOUSEI、MAHIROのDF陣は、必死に相手に食らいつく、負けない戦い。
「あと5分、集中、集中、」
時間が過ぎて、もうノータイム。アディショナルは1分。
ボールを前線に蹴って、安全なところにボールを運びたいが。。。
まつひだいも諦めない。最後の最後にまつひだいSCのコーナーキック。

【なんでここでコーナーだよ。このプレーを耐えれば終わる。MAOも下げるか?でもまだ相手が2人MAOについている。MAO下げるとこの2人もゴール前に上がって来ちゃうかな?そのまま前線に張らせておこう】
「さぁラストプレー、人の確認。先に触れ、絶体にやらせるな!」

ゴール前にボールが上がる、常盤平の選手がヘディングでクリアー!

試合終了のホイッスル。

選手達、スタンドから歓喜の声。
常盤平SC4年生初タイトル奪取!

挨拶を終えて、ベンチに引き揚げてくる選手達、目には涙が。
そしてみんなとハイタッチで選手を迎える。
「おめでとう!やったね!」

「さぁ応援して一緒に戦ってくれたスタンドのみんなに挨拶に行こう」

キャプテンのNAOKAIの掛け声で、スタンドに挨拶。
「応援ありがとうございました!!」

一番



本当に選手達は頑張りました。
選手達の喜んだ泣き顔、最高でした。

でもこれからが本当の闘いが始まる、次に向けてしっかり準備していこうね。
ただ今はこの初優勝を喜びましょう!

選手達、保護者の皆様、関係者の皆様、優勝おめでとうございます。
お待たせしました、本日は美味しいお酒を味わってください。

1518473451610.jpg

スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
カウンター
プロフィール

テンten

Author:テンten
時には、5人の息子のパパとして、偉そうに立ち振る舞い。頭の上がらないママには、絶えずゴマすりをしてご機嫌をうかがっている。自己中心的なB型おやじ。

最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
314位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
サッカー
58位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR