FC2ブログ

リベンジするために

市長杯
前日、6年生がしっかりタイトルを奪取し、残りは5年生、4年生。
松戸運動公園で、他学年のコーチ陣も見守る中、常盤平SCとラビットキッカーズの準決勝が行われた。

ラビットとは3年生の時に2回対戦していたが、いづれも0‐0でドロー。
最近は対戦していないかったのでチーム状態は分からなかった。
ただこれまでのこの大会の勝ち上がりの対戦相手、スコアを見る限り、力はこっちが上のような感じもするけど。。。
そんな甘い考えで、3年前のこの大会見事に自分は準決勝でPK負けしてしまった苦い経験も。。。

公式戦準決勝、どちらのチームも勝ちたいのだから、楽な試合はないわな。

試合前ミーティング。
選手達と約束毎の確認。選手達は決勝で、第二ブロック大会の決勝でPK負けした まつひだいSC と対戦したがっていた。
「君たち、まつひだいと戦いたいんだよね。リベンジしたいんだよね?そのためにはラビット戦を負けたら対戦出来ない。まずはこの試合を全力で戦いなさい。」
選手の目はしっかり自分の目を見ている。集中している。戦える。

試合開始。ラビットはドリブル上手いチーム。常盤平はしつこくついて、ラビットをリズムに乗せない。
前半8分、右サイドフリーキック。RYOMAのクロスをMAHIROがしっかり合わせて、常盤平先制 1-0。
いい時間の先制点。
これで行けるかかな?!と思ったいると一瞬のスキをつかれて、ラビットのカウンター。
GK HARUが、見事にファインセーブして事なきを得る。
危ねぇぇぇ。。。1‐1になったら流れ変わっちゃう。
その後は常盤平ペースで試合が進む。RYOMAの抜け出しから、キーパーとの1対1を確実に決めて、
2-0で前半を折り返す。

ハーフタイム相手の気になるところ、修正点を選手と確認。
「次の1点で勝負は決まる。もう1点取って3-0にすれば楽になる。次の1点早く取ってきなさい」

後半開始早々、YUGOの右からのセンターリングがそのまま入り3-0。ラッキー!
病み上がりのKOHEIとMAOを交代。
ここからMAO大爆発。

交代早々のワンプレーで左からのセンターリングをダイレクトで叩き込む。
その後25mロングシュートをたたき込み

結果6‐0で勝利、決勝進出。

決勝に駒を進めた。
決勝の相手は、もちろん まつひだいSC 前回PK負けのリベンジをする環境が整った。

決勝の話はまた今度。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
カテゴリ
カウンター
プロフィール

テンten

Author:テンten
時には、5人の息子のパパとして、偉そうに立ち振る舞い。頭の上がらないママには、絶えずゴマすりをしてご機嫌をうかがっている。自己中心的なB型おやじ。

最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
438位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
サッカー
78位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR